日本で手軽にできる社会貢献

グリーンなお金の使い方

■ Kivaで途上国の起業家(小規模事業者)支援

 

Kiva (キーバ) は、途上国の自営業者や小規模事業者

(農家、仕立て職人、小売店主など)宛の低金利融資

仲介している世界的な組織です。

 

※Kivaの日本語サイト → Kiva Japan

 

途上国では、貧しい小規模事業者は、起業や事業拡大の際、

(信用が低い人ということで)銀行が融資してくれないために、

融資自体をあきらめるか、月利数10%といった高利貸しを利用

せざるをえず、なかなか貧困から抜け出せない現状あります。

 

そこでKivaは、途上国のマイクロファイナンス機関(MFI:低金利

融資機関)と連携し、Webサイトを通じて、こうした小規模事業者

のプロフィール、写真、融資が必要な理由を公開し、主に先進国

の一般市民からの融資者(レンダー)を募っています。

 

融資者は、自分の気に入った借り手に、1口$25~Paypal や

クレジットカードを使って手軽に融資を行うことができます。

(1人の借り手に対して、複数の貸し手が融資することになります)

 

こうした融資は、

 

「単なる寄付ではない、自立につながる支援

「相手の顔が見え、相手に直接届く支援」

 

であるといえます。 実際に、借り手にインタビューを行うと、

 「借りたお金だからこそ、きちんと返済できるよう、(事業を)がんばる」

 という声が多く聞かれるそうです。

 

※Kivaの融資金返済率は、97%以上です。

 

Kivaのローンの借り手には、女性も多くいますが、とりわけ女性

への融資は、子供の教育などにも直接つながることが多く、また、

途上国で多く見受けられる男性主体の社会の中で、

「自分でお金を稼いで、きちんと返済もできるんだ」

という自信と誇りを、女性自身に与えることができます。
(女性のエンパワーメントにつながる支援)

 

2005年にスタートしたKivaですが、これまで、70万人以上の人が、

計1億ドル以上の融資を行っています。

 

また、Kivaの日本語サイト、Kiva Japan を通じた日本からの融資も

増えてきており、これまで、約1,600人の方が融資しています。

 

※上記 Kiva Japan のサイトに、融資方法の詳細が載っています。

 

私も、Kivaの理念に共感して、また、有限な自分のお金を有効に

生かす手段として、今まで10件ほど($25×10)の融資をしました。

 

今の10件(計$250)をベースに、返済された資金を順次、新しい

自営業者・事業者宛に融資していこうと思っています。 

※Kiva Japan のサイトの翻訳ボランティアも最近はじめました。

 

My Little Loverのakkoさんも、Kivaの融資をされているそうです!

akkoさんによる、Kiva紹介ページ

みなさんも、Kivaを通じた少額融資、1度試してみませんか? (^^)

■Kiva Japan(キーバジャパン)の簡易プロモーション動画